末っ子のくつした ー先天性内反足の記録 番外編①ー

〇末っ子の内反足の記録(2009年)

先天性内反足でデニスブラウン装具で治療中の末っ子の靴下は全てつま先をハサミで切ってます。

「靴下を履かせて装着して下さい」と言われたので、お風呂の時以外24時間装着しないといけないので、ずっと靴下を履かせっ放しは蒸れるかな、と思ったからです。

それと、足の血色を見る為でもあります。

靴型の装具は踵をくつの踵と背にぴったり付けて装着させます。
足首、かかとを固定させるために靴の中にもバンドが付いているので、締めすぎて血流悪くならないかも気になります。

そんな感じで末っ子の靴下はつま先を切ったものが、ギプスの時にギプスカバーにしていたレッグウォーマーをつまさきまでずらして履かせています。

ずっと24時間装着してると、赤ちゃんでもやっぱり臭くなるんですよね・・・

マジ、臭いです(笑)







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする