しゅふろく♪

お家でいたいパートで働く主婦が日々の暮らしや好きなことを気ままに綴る雑記日記ブログ♪

大動脈解離

思えば命がけの出産だった(2009年2月)-大動脈解離の記録②-

投稿日:2017-07-31

2009年 2月

この入院 

から退院後の検診の日。

担当医に「もう陣痛が来てもいいくらいに体力戻りましたか?」と聞かれました。

なんかモヤモヤした感じはあったけれど痛みもほぼ治まっていたので「多分、大丈夫です。」と答えたところ、「じゃ~」ってうわさの刺激グリグリをされました(笑)

翌日にはおしるし&腰痛&前駆陣痛が始まりました。
夜には間隔はバラバラだけどスゴク痛い張りが、遠のいたり縮んだりしてました。

15分間隔にはならないので寝ようとベッドに入りましたなかなか寝付けません。
日付が変った頃に15分間隔になりました。
経産婦だから15分間隔になったら病院へ連絡して、向かいます。

ゲッ・・キタ? もう少し、様子見ようかな。

激痛に耐えながら約2時間経過したところで旦那を起しました。




陣痛の痛み、あれは解離が進んでいた痛みだったんだ

外は暴風雨。

病院へ着いた時には5分間隔くらいになってました。
多分午前3時少し前くらいだったと思う。

痛くて、痛くて歩けない・・・
車いすを用意してくれました。

助産師さんがその様子を見て「いい陣痛きてますね。」と。

約6年ぶりの分娩は助産師さんの言われるがままに進行。
途中で陣痛が遠のきました。

痛さの割に赤ちゃんが下りてこない。
臍の緒が2重に巻いてるから時間かかるとダメということで促進剤を点滴。

今から思えばあの陣痛の痛さは陣痛だけではなく、解離が進んでいたんだと思う。
上の二人の出産の時の陣痛と比べたら尋常じゃない痛さでした。

促進剤を点滴し始めてから順調にお産が進み、頭が出た瞬間に「オギャー」と産声が聞こえました。
午前5時56分。

我が家に家族が増えました。

ホッとしていた私と旦那に赤ちゃんを見せながら先生が言いました・・・。

その時はまだ出産を終えた安堵感でボーッとしていたので、あまり理解できずにいましたが。

→ 病名判明(2009年2月~4月)-大動脈解離の記録③- へ

スポンサード リンク
  


ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

-大動脈解離

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

命を預ける病院を決めました-大動脈解離の記録⑦-

2009年 6月のこと 今日は先月予約した病院の日。 先月、M病院とK病院にセカンドオピニオン、サードオピニオンを受けました。 そしてどちらの病院も今月の予約を入れました。 今月訪れる病院が私が命を預 …

手術・入院してみてあったら便利だと思ったグッズ

私は大動脈解離で3回の手術・入院をしています。 3回の入院ともだいたい3週間~1カ月の入院をしました。 初めての手術入院の時には、入院のしおりに書かれてあるものしか用意していなくて入院してから旦那が来 …

新しい担当医に不信感が芽生えた

春から担当医が変わりました。 とうとうこの日が・・・担当医が移動 変わってから3回ほど受診しています。 まだ信頼までは全然ですが、慣れてきたところでした。 それが、あの対応で一気に不信感が芽生えました …

とうとうこの日がキタ、担当医が移動 -大動脈解離の記録(番外編)-

2016年1月5日 3か月に1度の定期検診の日でした。 私の担当医は1,2歳年上なだけの同世代のT先生です。 一番最初の腹部大動脈置換手術から6年以上担当してくれてます。 その後の胸部と胸腹部の置換手 …

大動脈解離ってどんな病気?症状や発症前の兆候、自覚症状や術後の生活など

声優の鶴ひろみさんが大動脈解離でお亡くなりました。 首都高で路肩付近にハザードを付けて停車させた車の中で意識不明で発見されたそうですね。 私と同じ病気です。 私は末っ子を妊娠中に急性大動脈解離を発症し …

スポンサード リンク



のぞかな田舎町で平凡に暮らすパート主婦。
細々とネットショップと少額で投資をやってます。

言霊、ホ・オポノポノ、引き寄せ実践中♪
心身共に健康に、笑顔の毎日♪

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ

お役に立てる記事、興味のある記事があれば、こちらの→【欲しいものリスト】から応援して頂けたら喜びます。


当サイトは個人的な体験を書いたものであり、利益を保証するものではありません。
当サイトで得た情報をご利用される際は必ずご自身の判断でお願いします。
当サイトの情報を利用し、いかなる損害、トラブルを被ったとしても当サイトおよび管理人は一切の責任を負うことはできません。