しゅふろく♪

お家でいたいパートで働く主婦が日々の暮らしや好きなことを気ままに綴る雑記日記ブログ♪

大動脈解離

サードオピニオン、K病院 -大動脈解離の記録⑥-

投稿日:2017-09-10

2009年5月某日

サードオピニオンでこの日も旦那と二人でK病院へ。
大きな循環器専門の病院です。
日本各地から手術で患者さんが集まります。

K病院は保健師さんからの情報です。



保健師さんの家庭訪問

末っ子の出産後の保健師の家庭訪問のお知らせで保健師さんから自宅に電話がかかってきました。

家庭訪問なんて余裕もないし話したくないのでお断りしましたが、さすが保健師さん。
電話越しでもこちらの様子がおかしいと察知したようで、家庭訪問ということになってしまいました。

当日はこれまでの経緯を話したらブワーッと涙が出てきて大泣きしてしまいました。
ずっと人前では泣かないようにしていたので、溜まっていたものを少し出せた気がします。

その時の保健師さんから後日電話があり、K病院なら症例が多いと教えてくれました。

病状は深刻だけど、軽さに救われた

診察して下さったのはO先生。M病院のK先生と同じく名医の本に載ってる先生です。

病状に関してはH病院でもM病院でも何度も聞いたから、K病院では落ち着いて淡々と聞けました。

そして、ここでも自然分娩だったことに驚かれました。(今(2017年現在)、思うと当然ですね)

K病院だったらまず帝王切開で赤ちゃんを取り出してから母体の手術になるそうです。
M病院では母体優先と言っていたので、少し対応が違います。

「ラッキーでしたねぇ。母子ともに無事で危機一髪やったなー、よし、ここで手術しましょう。」

危機一髪って・・・なに?この軽さ。

でも、少しこの軽さに救われた感がしました。

この先生だったら、簡単にパパッと手術してくれそう。

命を預ける先生を選ぶのは過酷なこと

K病院を受診した直後はO先生に手術をしてもらいたいと思っていた気持ちも1日経つとぐらついてきました。
やっぱり怖いです。

命を預けるんですよ?
そんな決められない・・・

旦那に相談しても自分で決めるように言われてどうすればいいのか分からなくなりました。
6月にはM病院もK病院も予約を入れてます。
次の予約日に行く方が手術をしてもらう病院ということだから5月中に結論を出さなければいけません。

私には過酷すぎる。

そして、決めました。

H総合病院、M病院では深刻な様子でしたがK病院はこちらが驚くくらい軽かった。
その軽さで不安でいっぱいだった私の気持ちが和らぎました。

人それぞれ感じ方は違うと思いますが、私にとってあの軽さが決め手になりました。

同じ説明でも、先生の態度、顔、話し方で患者の心も変わるんですね。

K病院で手術してもらうことに決めました。

→ 命を預ける病院を決めました-大動脈解離の記録⑦- へ

スポンサード リンク
  


ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

-大動脈解離

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

新しい担当医に不信感が芽生えた

春から担当医が変わりました。 とうとうこの日が・・・担当医が移動 変わってから3回ほど受診しています。 まだ信頼までは全然ですが、慣れてきたところでした。 それが、あの対応で一気に不信感が芽生えました …

そして、手術はできないと匙を投げられた -大動脈解離の記録④-

2009年5月~ 病名判明(2009年2月~4月)-大動脈解離の記録③- 病名が判明してからの私は毎日、毎日、大動脈解離についてネットで調べては泣いて暮らしてました。 気分が落ち込んで、何もする気力が …

病名判明(2009年2月~4月)-大動脈解離の記録③-

2009年2月~4月 産後は上の二人に比べて体調があまり良くありませんでした。 体がしんどくて、ほとんど横になってました。 足の付け根あたりがずっと痛かったです。 血圧も高かったけれど、担当医は産後は …

大動脈解離ってどんな病気?症状や発症前の兆候、自覚症状や術後の生活など

声優の鶴ひろみさんが大動脈解離でお亡くなりました。 首都高で路肩付近にハザードを付けて停車させた車の中で意識不明で発見されたそうですね。 私と同じ病気です。 私は末っ子を妊娠中に急性大動脈解離を発症し …

手術・入院してみてあったら便利だと思ったグッズ

私は大動脈解離で3回の手術・入院をしています。 3回の入院ともだいたい3週間~1カ月の入院をしました。 初めての手術入院の時には、入院のしおりに書かれてあるものしか用意していなくて入院してから旦那が来 …

スポンサード リンク



のぞかな田舎町で平凡に暮らすパート主婦。
細々とネットショップと少額で投資をやってます。

言霊、ホ・オポノポノ、引き寄せ実践中♪
心身共に健康に、笑顔の毎日♪

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ

お役に立てる記事、興味のある記事があれば、こちらの→【欲しいものリスト】から応援して頂けたら喜びます。


当サイトは個人的な体験を書いたものであり、利益を保証するものではありません。
当サイトで得た情報をご利用される際は必ずご自身の判断でお願いします。
当サイトの情報を利用し、いかなる損害、トラブルを被ったとしても当サイトおよび管理人は一切の責任を負うことはできません。