忘れられない運動会-大動脈解離の記録 (番外編)- 

シェアする

2009年 11月某日

この年は次女の保育所最後の運動会でした。

年長クラスは太鼓隊があります。
一生懸命練習した成果を運動会で発表します。

長女の時もすごく感動しました。
だから、今回も楽しみにしていた運動会。

残念ながら、腹部人工血管置換手術と重なってしまいました。
予行練習も入院後にあり、見ることができませんでした。



忘れられない私だけの運動会

数日前、次女の担任の保育士さんが「お母さん、太鼓とリズム(ダンス)の2種目だけですけど、いつがいいですか?」と。
入院で運動会を見ることができなかった私の為にもう一度演じてくれるというんです!

とても楽しみに保育所へ行きました。
末っ子をベビーカーに乗せ、ブランコに腰をかけ始まるのを待ちました。

いよいよ始まります。

本番の時と同じ衣装に身を包み、太鼓を叩きながら行進が始まりました。
未満児クラス、年少さん、年中さんも一緒に年長さんの演奏を見ました。

太鼓の次はリズム。
ボンボンを持ってとてもかわいい振り付け。
かわいくて、かわいくて涙が出そうでした。

なんて贅沢な時間でしょうか。

これで終わりかと思いきや、まさかの色別対抗リレーまで!!
みんな真剣にかなり本気で走ってました。

保育士さんに「3種目だけですみません。」って言われましたが、そんなとんでもないことです。
まさか、こんな機会を設けて頂けるなんて思ってもみなかったので本当に嬉しかった。
感謝でいっぱいです。

園長先生にお礼を言うと「いえ、いえ、子供たちももう一度できて良かったです。」とこちらが気を使わないようにして下さって、本当になんて言えばいいのか分からないくらい嬉しかったです。

病気になりつらい思いもしましたが、この病気になって周りの人の優しさをたくさん感じることができました。
この後、まだ2回の手術をしましたが私は周りの人に恵まれています。

そのお話もまた少しずつ書いていきたいと思っています。

運動会弁当、パパ作

当時小3だった長女の運動会も入院中に行われました。
小学校はお弁当が必要です。
準備日、本番、予備日を含めて最低三日間は必要です。
天候によってはもっと増えます。

それが気がかりでしたが、旦那頑張ってくれました。
写メが送られてきましたよ(笑)

これは準備日の時のお弁当です。
運動会当日はフルーツが2種類入ったようです。







シェアする

フォローする