結婚20周年、磁器婚式を迎えました。

シェアする

結婚20周年を迎えました。

磁器婚式というそうです。
何故かというと磁器のように年月とともに価値を増していく夫婦関係を表しているとのことです。
なるほど~ですよね。

私たち夫婦は20年かけて価値が増したかどうかは分かりません(笑)

磁器婚式ではその名の通り、磁器の贈り物が多いそうですよ。
ぺアップなどが好まれるかな?

我が家は食事もいつも通りだし、プレゼントもありませんでしたが。

いろいろあった20年を少し振り返ってみようかな

結婚20周年も迎えると新婚のころの初々しい気持ちなんて皆無ですね。
ホントに。

この20年は色々ありました。
勤めていた会社の倒産、私の病気、離婚の話。

うん、でも何もない夫婦の方がめずらしいんじゃないでしょうか。

離婚を考えたこと、離婚と言われたこと

過去には離婚を考えたことはもちろんあります。

こちらから言い出したこともあるし、本当に離婚になりそうになったことも。

些細なことでケンカしました。
それが、離婚話にまで発展しました。

どちらが家を出ていくか、家をどうするかって話まで。

家は共同名義になってます。
私の方が割合はずっと、ずっと小さいですけどね。

私が病気で倒れてからは別れた方がいいのかもしれないと思ったことはありました。
心配や苦労ばかりかけてるから、別れたら身軽になるだろうなって。
私と別れて実家へ戻って、新しい人を見つけて新しい生活をした方がいいんだろうなーって。
そう思いながら、死ぬかもしれないという恐怖もありずっと甘えていたんですね。

だから、離婚を切り出された時は正直びっくりしました。
私から言うことはあっても、旦那から言われるとは思ってもいなかったからショックもありました。

しばらく冷戦(家庭内別居)状態が続いてましたが、少しずつ話すようになり離婚の話はなくなりました。

そういうことがあって、万が一そうなった時の為に準備はしておかないといけないと強く思いました。
自分だけでも生活していけるだけの経済力をつけないと。

離婚するにしても感情だけ、勢いだけでしてしまうのはよくないと思いました。
子供たちのこともあるし。

それにしても、夫婦なんてもともと赤の他人だったんだからまた他人に戻るなんてきっと簡単なことでしょうね。

結婚20周年を迎えたから安泰だとか、この先も大丈夫とは限りません。
夫婦歴が長いから絆が強いなんて、そんなこととても言えません。

この先、どうなるかは分かりませんが持ちつ持たれつでいけたらいいかなぁ。
なんて思うのでした。







シェアする

フォローする