しゅふろく♪

お家でいたいパートで働く主婦が日々の暮らしや好きなことを気ままに綴る雑記日記ブログ♪

生活

家でこたつ布団を家で洗ってみた

投稿日:2017-11-05

こたつ布団の洗濯はどうしていますか?

我が家のこたつ布団は大きめの長方形で、自宅の洗濯機にはどうやっても入りません。

いつもコインランドリーで洗ってます。
今年はなかなか洗いにいけず、やっと重い腰を上げてコインランドリーに行きましたが、すごい混雑。

出直すか待つか・・
一旦帰ってきてふと、自分で洗おうって思い立ちました。

めんどくさがりでずぼらの私がなぜそう思ってしまったのかは分かりませんが(笑)

こたつ布団って自分で洗えるの?

そもそもこたつ布団って自分で洗えるのか気になりますよね。

これはもう、普通の布団などと同じで洗濯表示タグに洗濯機のマークや手洗いのマークが付いていれば大丈夫です。

我が家のこたつ布団、洗っても大丈夫なものだったので、早速洗っていきましょう。




こたつ布団をお風呂で洗ってみた、手順

1.髪の毛やほこり、ペットの毛をコロコロやブラシである程度取っておく
我が家は猫を飼ってるので、布団に猫の毛が付いていたのでコロコロで取りました。

2.軽くたたんで浴槽に入れる。
汚れた方が外側になるように軽くたたんで浴槽に入れます。

3.液体洗剤を入れお湯を張り足踏みします。

こたつ布団がある程度泳ぐくらいのお湯を入れました。
液体洗剤はキャップ1杯にしました。踏み踏み、踏み踏み♪まんべんなく踏みます。

途中でこたつ布団をひっくり返して、また踏み踏み、踏み踏み。
それを何度か繰り返します。
(お湯の中なので軽いです。)
お湯が濁ってきたー!

4.お湯を入れ直してすすぎます。

一旦、お湯を全部流して再びお湯だけ入れ直してすすいでいきます。
そしてまた踏み踏みします。

まだお湯の濁りが気になったので、更にもう一度すすぎました。

5.足踏みをして水分を出します。
お湯を全て流し、全体をまんべんなく踏んで水をきります。
できるだけ水切りをします。

6.洗濯機で脱水
ある程度水切りができたら畳んで、ロール状にして洗濯機に入れます。
こたつ布団が入るネットがあれば入れる。
※洗う前は膨らんでるので洗濯機には入りませんが、水で綿がしぼんでいるので入ります。
脱水機能で10分×2回しました。

以上のやり方でこたつ布団を自宅で洗ってみました。

欲し方は2本の物干しざおに渡らせて布団が重ならないように、隙間を開けて干します。

便利なふとん乾燥機も活用しましょう

スポンサード リンク
  


ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

-生活
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

結婚20周年、磁器婚式を迎えました。

結婚20周年を迎えました。 磁器婚式というそうです。 何故かというと磁器のように年月とともに価値を増していく夫婦関係を表しているとのことです。 なるほど~ですよね。 私たち夫婦は20年かけて価値が増し …

レトルト食品や冷凍食品を上手に使って時間と心身のゆとり

レトルト食品(〇〇の素)とか冷凍食品ってどう思いますか?   そういうものを使わない人は できる妻、良いお母さん ってイメージを持っていたワタシです。   そういうものに頼るのはダ …

プチプラファッションですが、何か?

某タレントさんが有名私立校のお受験事情でしまむらだとイジメられるかも?って語ったとネットニュースになってました。 なんでも、普通でもバーキンを持ってるとか。 ステータスなんだそうです。 一般人の生活見 …

ティファールのフライパンセットに買い替え♪

我が家のフライパン、前回買い替えたのは・・いつだったかな?? 多分、7~8年前。 もしかしたらもっと前かもしれません。 よく利用するスーパーでシールを集めたら安く買えるという企画があった時に必死にシー …

初めてのジェルネイルとキットを買っちゃいました。

数年前に初めて友人にジェルネイルサロンに連れてってもらいました。 その友人はアパレルの販売職なのでおしゃれさんです。 出産してからネイルなんてほとんどしてなかったからテンションMAXでした。 すごく楽 …

スポンサード リンク



のぞかな田舎町で平凡に暮らすパート主婦。
細々とネットショップと少額で投資をやってます。

言霊、ホ・オポノポノ、引き寄せ実践中♪
心身共に健康に、笑顔の毎日♪

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ

お役に立てる記事、興味のある記事があれば、こちらの→【欲しいものリスト】から応援して頂けたら喜びます。


当サイトは個人的な体験を書いたものであり、利益を保証するものではありません。
当サイトで得た情報をご利用される際は必ずご自身の判断でお願いします。
当サイトの情報を利用し、いかなる損害、トラブルを被ったとしても当サイトおよび管理人は一切の責任を負うことはできません。