小4末っ子 学校から低身長を指摘されホルモン検査で小児科へ

我が家の末っ子は小学4年生の女の子。
先天性内反足で生まれました。

>>誕生と始まり(2009年)ー先天性内反足の記録①ー

今年の春の家庭訪問で担任の先生から言われました。

身長の伸びが方が成長曲線からはみ出てきているので、一度病院で診てもらって下さい。

生まれた時からずっと小さ目でした。

なかなか背が伸びないなぁ~と気にはなっていたけれど、末っ子の身長の話になるといつも旦那が言いました。

ずっと足を締め付けてたからしょうがない。


生まれて数日後にギプスを巻き、それから形は変わりながらも小2まで装具を付けてました。
だから、そう言われるとそうなのかなーって思ったり。

同級生の子も何人か同じような体格の子がいたから、今の子は小さい子が多いのかな、と思ったり。

どこかで気になりつつも、そこまで気にしてなかったら担任の先生に病院へ行くように言われた時は「やっぱり」と言う気持ちと「え?」と言う気持ちが入り混じってました。

ちょうど夏休みに内反足の定期検診の予約が入っていたので、その時に相談することに。




内反足の定期検診で整形外科の担当医に相談する

学校から背の伸びが悪く背が低いから病院で診てもらうように言われました。
何cm?
春の身体測定の時は119cmくらいでした。
小児科でホルモン検査してもらおうか。


院内紹介書を書いてもらい、小児科に予約を入れてくれました。



小児科でスクリーニング検査を受ける

スクリーニング検査は、身長・体重の成長曲線の記入・手の骨のレントゲン撮影・尿検査・血液検査を行います。

整形外科の内反足の定期検診から1週間後に小児科を受診しました。
まず、診察前の事前問診と身長測定。

その後、診察室へ。

全身をチェック

・両手を真横にまっすぐ伸ばした長さを測定
・口の中(歯の数)
・目の下まぶた(貧血)
・甲状腺
・手のひら
・体の成長具合(胸や大事なところ)

両親の身長から将来の身長が予測できる

両親の身長からだいたいの身長の予測ができるそうです。
我が家の子供たちは159cmくらいが平均で、この身長の±7cmだそうです。

長女は162cmだから159cmの+3cmです。
次女は152cmで159cmの-7cmですが中学生なのでもう少し伸びるだろうと。
二人とも±7cmに収まっている。

末っ子は今の成長曲線でいくと、148cmくらいだろうから低身長に入るかもということでした。

採血・尿検査

採血と尿検査は女性ホルモンや成長ホルモン、他の病気などを調べるそうです。

採血は初めてで細い腕に針が刺されて、4本も取られて見てるこっちがドキドキしました。

動いたら痛いし、じっとしてたらすぐに終わるよって話したから「痛いー痛いー」って泣きながらもじっと動かないで頑張りました。

頑張ったね!
早く終わって欲しいからじっとしてた。


大人の私でも嫌いな採血なのに、本当によく頑張りました。

腕のレントゲン

腕の骨のレントゲンで骨年齢が分かるそうです。
担当医が説明してくれてましたが、ちゃんと聞き取れませんでした。

レントゲンは赤ちゃんの頃から撮っているから慣れたものです。




検査結果は2週間後

検査が全て終わり、結果は2週間後です。

不安です。
心配です。

ホルモン治療することになれば、治療費は高額なようです。
毎日注射を打つと書かれてましたが、3割負担でも、かなりかかるようで成長期の間は続けるようです。
高額で途中でやめてしまう家庭もあるとのこと。

とにかく、2週間後にならないと分かりませんが。
何もないのが一番いい。

あまり考え過ぎずに。

検査結果はこちら
↓ ↓ ↓
小4末っ子 低身長の検査結果







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする