【占い】算命学「星の錬金術」無料鑑定100人斬りに応募してみた感想

子供の頃から占いが好きです。
スピリチュアルな世界も詳しくはないけれど好きです。

今までタロット占いや四柱推命で占ってもらったり、オーラソーマ鑑定なども受けました。
言霊や引き寄せ、ホ・オポノポノなども実践しています。

そんな私ですが、ある企画に応募してみました。

ツイッターでたまたま見つけた『星の錬金術』という占いをされているゆきちょこさんの無料鑑定100人できるかな?という企画です。

ゆきちょこさんのブログはコチラ
 >>>HAPPY CLAP あなただけの星を活かして自由な人生を応援




ゆきちょこさんの『星の錬金術』企画に応募したきっかけ

私は仕事のこと、子供のことなど将来が不安で迷っていました。
不安の根っこは経済的なことです。

その為にパート、在宅ワークに頑張ってる(つもり)ですが思うように結果が出ず1~2年焦ってました。

そんな時に見つけたのがゆきちょこさんの企画「星の錬金術」無料鑑定100人斬りです。
いつもの優柔不断な私ならここで2~3日悩むところですが、今回はスグに応募しました。

星の錬金術とは?

星の錬金術って私は今回初めて聞きました。
どいういう占いかと言うと、ゆきちょこさんのブログから抜粋させて頂きますね。

「星の錬金術」は算命学をベースに陰陽五行を組み合わせた東洋占星術となっています。

世の中には「陰」と「陽」の両方があります。

「陰」といえばネガティブなイメージですが、陰がないと陽は生まれません。

光と影はいつも隣り合わせにあり、どちらも大切な要素です。

自分の陰の部分を否定せず
「あなたの全部が素晴らしい」という事を受け入れられるようになってほしいという
私の師匠の思いが込められた占いとなっています。

ふーん、なんだか新しい感じがする!楽しみ♪



鑑定を受けるには?悩みと鑑定結果

相談したい内容をLINEかメールで送ります。
LINEの場合はまずLINE@に登録し、メールの場合はゆきちょこさんのブログに申し込みフォームがあります。

①お名前(ニックネーム可)
②生年月日
③ご自身についてのお悩み事や聞きたい事をひとつ
(具体的にお願いします)

私の悩み、相談内容

相談はブログのメールフォームから送信しました。

経済的なこと、

パートの他に在宅ワーク(ネットショップ、アフィリエイト)をしているけれど、うまくいかない。

適正とどう取り組めがいいのか?


というようなことをご相談しました。

鑑定結果

鑑定結果がLINEで送られてきました。
ドキドキ・・・
ちょっと怖いなぁ。

ところどころをご紹介しますね。

適職について

「大衆へ伝達」が本質で、現実の中で中庸が望まれる職種がむいています。
 (※中庸とは・・偏らないこと、正確さが求められる仕事)

また、食べる、しゃべる、遊ぶ、口を使う仕事も向いていますよ。

口を使う仕事かぁ、食べることは大好きだけど、人前で話したりするのは苦手だからしゃべるというのは予想外でびっくり。


アフィリエイトに関しても「偏らず正確な事を伝える」という部分でやると良いかもです。

一人でマイペースにやるお仕事が精神的にも満足するようなのあで独立や在宅ワークは向いていると思います。

やっぱり。パートで人の言動に余計な気を使って疲れるし、一人でマイペースにっていうところははそうかも。


運気について

今年(今の年齢)は、とても葛藤の多い年となるでしょう。
今までの古い概念を壊していくことや手放していくことで運気が開けていきます。
来年は家庭のことでストレスが溜まりそう(中略)、再来年は自分自身にも自信がついて家庭運もアップします。
あ・・まさに、まさに今、葛藤してます。迷っています。だからこそ、この企画に応募したんだから。
古い概念?なんだろう。
これはきっと、自分と向き合わないといけないことかな。


コツコツと同じことを続けていくことで成功する大器晩成型です。苦労することは多いのですが、その苦労が必ず報われる時が来ますよ!

必ず報われる時が来る!
これはすごく励みになる言葉です。
コツコツと頑張って続けていけばいいんだ。
飽きっぽい私には実はそれが一番大変だったりするけど、頑張ろうって思えました。

この他に私が子供たちに対して持っている負い目のことについてもアドバイスを頂いたり、仕事(パート)を辞めるならどのタイミングがいいのかなどもみていただきました。

さいごに

正直、無料鑑定企画でこんなにも寄り添って鑑定していただけるなんて思ってもみませんでした。
鑑定結果後に厚かましく質問をさせて頂いたことに関してもお答え下さり、本当にありがとうございます。

このまま続けていても意味がないのでは?と思ってましたが希望が持てました。

コメント