確定申告 会計ソフトに悪戦苦闘

開業して初めての確定申告。

本格的に会計ソフトに入力を始めたのが今年に入ってからです。
開業した頃から確定申告の事は気になっていました。

気になっていたとういか、不安で不安で仕方なかったんですよね。
だから早くから勉強しないとって思ってましたが、どうも苦手意識が先だってしまいすぐ挫折・・


年が明けてから焦りばかりが募り、実際に入力を始めてからは毎日頭を抱えてました。

私が登録してみたのはfreeeとMFクラウド。
調べたところによると、freeeの方が簡単に作成できるらしい。



帳簿なんてまーーーったく分からない私。
簿記どころか数字が苦手だから本当に蕁麻疹ものですよ。

売り上げもないのに、税理士さんにお願いすることもできないし・・
ホントに泣きそうでした。

最初はfreeeを使うつもりでしたが、調べているうちにMFクラウドの方がいいんじゃないかと思ってきました。

確かにfreeeなら全く知識がなくてもできるようでしたが、数字苦手なクセにMFクラウドの自分で入力できるところが良いというような記事を読んでから「そっかー、その方がいいかも」って軽い気持ちでMFクラウドに決定。

まずは無料登録から。
後で知ったのですが、MFクラウドは毎月の仕訳が15件までならずーーーっと無料で使えるんです。
最初は月15件までの仕訳と聞いてもなんことかさっぱり分からず「ふーん」って感じでした(^_^;)

いざ、入力を始めてその意味が分かりましたけど。
16件目になったら有料コースへのご案内のポップアップが出てきます。

私はそれが出てきたら見直して15件に収まるように修正しました。

あ・・・
修正ってインチキではなくて、同じ日の送料を別々に入力していたのを〇件分とまとめて入力したり、ですよ。

3月1日 送料 200円
3月1日 送料 300円

なら、

3月1日 送料 500円 備考欄に(ゆうパック1件、ヤマト便1件)

と言うようにしました。
あたりまえのことかな???

科目も全く分からないからその都度調べたり、教えて頂いたりして、日々悪戦苦闘しながら1カ月以上もかかって入力しました。

そのおかげで少しだけ、なんとなく分かってきた気がします(笑)

でも、まだ貸方に入力か、借り方に入力かがパッと判別できないおバカさんです(T_T)
事業主借、事業主貸は分かりました(笑)

開業1年目、もちろんまっだまだ、お給料取れません。
赤字ですよー。

それにしても、熱しやすく冷めやすい私が1年間続けてこれました。
開業してから1年ってことですが、ヤフオクやamazonは以前から少しはやってたからスキが続いてるという感じですね。

ずぼらだから、その間隔が数か月空いて、数年空いてってペースがこの1年は少ないながらも2月に1回仕入れして出品って感じでやってこれました。

他の方は月に何度も仕入れて毎日ように出品されてるので、自慢できることでもないですが。
このあたりは売り上げがあがってこないと私の場合は仕入れが増えません。
今年もコツコツですね。

あ、話が確定申告から逸れてきたので戻します。

確定申告行ってきました。
書類に不安を持ちながら、1時間半待ちました。

「青色申告の届け出はしてくれてますね?」
「会計帳簿は別に付けてくれてますね?」

って質問だけされて、持って行った領収書などの確認はありませんでした。
あとは申告書を確認して、給与所得と事業所得の書き方がおかしかったみたいで書き方を教えて頂きました。

私の書き方だと7000円ほど納税でしたが、訂正して頂いたら納税額0になりました。

やっぱりちゃんと教えてもらうと納得できますね。
自宅に持ち帰って、訂正して来週出直すことになりました。

私の初めての青色申告はもう少しで終わります。
頑張れ――、私。

そのうち税理士さんに頼めるくらいになりますよ!







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする