しゅふろく♪

お家でいたいパートで働く主婦が日々の暮らしや好きなことを気ままに綴る雑記日記ブログ♪

大動脈解離

とうとうこの日がキタ、担当医が移動 -大動脈解離の記録(番外編)-

投稿日:2017-10-20


2016年1月5日
3か月に1度の定期検診の日でした。

私の担当医は1,2歳年上なだけの同世代のT先生です。

一番最初の腹部大動脈置換手術から6年以上担当してくれてます。
その後の胸部と胸腹部の置換手術と合わせて3度の手術すべて執刀してくれました。

今ではすごく信頼しています。

不安からT先生には失礼な態度をとってしまった

実はT先生が担当になった時、とても失礼な態度を取ってしまいました。

というのは、この病院を選んだ理由がベテランの医師に手術してもらいたかったから。
名医の本にも載っている先生です。

その先生に手術してもらう為に決めた病院だったのに、手術日が決まってみたら執刀するのはT先生だと。

だから、T先生が病室に「僕が執刀します。」と挨拶に来て下さった時、ショックのあまり思わず言ってしまいました。

え?〇〇先生じゃないんですか?

術中死や後遺症で下半身不随、半身麻痺になる可能性がある手術だったので、とにかく怖くて経験豊富なベテラン医師に執刀してもらいたかった。

その為に選んだ病院だったのに、その先生じゃなかったら私には意味がなかったんです。

初めての外来では診察して頂き、執刀してもらえると聞いていたし、入院してからも看護師さんに〇〇先生だと聞いていたから、何故って気持ちの方が大きくて何も考えずに発してしまいました。

後になって、なんて失礼なことをしたんだろうって反省しました。

その時のT先生は気分を害することもなく私が手術する時の体制を説明してくれ、自分でも大丈夫だからと。
同じ病室の方も「ここの病院の外科医は他の病院に比べたら経験豊富だから若くて大丈夫」とおっしゃってました。

T先生のことはいっぱい困らせてしまいました

手術前に病気や手術の説明を受けた時には思わず泣いてしまい、とても困ったことと思います。
それからいつも気にかけてくれ、何をするにも言葉を選んで話してくれます。(また泣かれたら困るからね(笑))

術後、肺に水が溜まった時の処置がありました。
怖くて怖くて全身汗だくになって耐えてたら「怖い?」とその日は中止にして翌日別の先生が処置にきました。

多分あまりに怖がる姿をみて自分ではできなくなってしまったのかも(笑)

術後、ベッドから起き上がると吐き気と頭痛とめまいでとてもつらくリハビリできる状態ではありませんでした。
看護師さんには少しずつでも起き上がらないと、歩かないと言われましたがとても無理。

見兼ねたT先生が「動けるようになるまでリハビリしなくていいよ。」と言ってくれたこともありました。

気が付けば、T先生のことをとても信頼するようになってました。

最後の検診

そんな先生の検診も今回が最後となってしまいました。
3月で地元の病院へ移るそうです。

次の先生にはちゃんと説明しておきますから。
みんな知ってるから大丈夫。
みんな最初の手術から知ってる先生ばかりだから大丈夫。

そんな事、言われてもショックなんですけど。

お世話になりました。

ショックなんだけど、天邪鬼の私は他に何も言えず・・・
普通を装って素っ気なかったです。

移動する病院まで追っかけて行こうかな、なんて本気で考えたけど、冷静に考えたら今より更に遠くなるから通うのは無理。

多分、もう会うことはないだろうな。
いつかこんな日が来るとは思っていたけど、実際そうなるとショックです。

3カ月後の次の検診の時にはもう別の先生に変わってるんですね。
最後に無理にでも3月末に入れてもらえばよかったな。

ありがとうございました

先生、ありがとうございました。
感謝しています。
また、いつかお会いできることを願って・・・。

スポンサード リンク
  


ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

-大動脈解離

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

セカンドオピニオン、そしてサードオピニオンへ -大動脈解離の記録⑤-

  2009年5月某日 そして、匙を投げられた -大動脈解離の記録- 末っ子を出産したH総合病院の心臓血管外科で「うちでは手術はできない」と言われてからネットで病院を探しました。 思いつく限 …

忘れられない運動会-大動脈解離の記録 (番外編)- 

2009年 11月某日 この年は次女の保育所最後の運動会でした。 年長クラスは太鼓隊があります。 一生懸命練習した成果を運動会で発表します。 長女の時もすごく感動しました。 だから、今回も楽しみにして …

病名判明(2009年2月~4月)-大動脈解離の記録③-

2009年2月~4月 産後は上の二人に比べて体調があまり良くありませんでした。 体がしんどくて、ほとんど横になってました。 足の付け根あたりがずっと痛かったです。 血圧も高かったけれど、担当医は産後は …

大動脈解離ってどんな病気?症状や発症前の兆候、自覚症状や術後の生活など

声優の鶴ひろみさんが大動脈解離でお亡くなりました。 首都高で路肩付近にハザードを付けて停車させた車の中で意識不明で発見されたそうですね。 私と同じ病気です。 私は末っ子を妊娠中に急性大動脈解離を発症し …

始まりはこの日(2009年1月) -大動脈解離の記録①-

2009年 1月 その頃、私のお腹には末っ子がいて妊娠9か月になる頃でした。 1月のある日の夕食中のことです。 おしゃべりしていたら急に顔がカーッとしてきました。 なんだろう? 落ち着こうと思ってお漬 …

スポンサード リンク



のぞかな田舎町で平凡に暮らすパート主婦。
細々とネットショップと少額で投資をやってます。

言霊、ホ・オポノポノ、引き寄せ実践中♪
心身共に健康に、笑顔の毎日♪

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ

お役に立てる記事、興味のある記事があれば、こちらの→【欲しいものリスト】から応援して頂けたら喜びます。


当サイトは個人的な体験を書いたものであり、利益を保証するものではありません。
当サイトで得た情報をご利用される際は必ずご自身の判断でお願いします。
当サイトの情報を利用し、いかなる損害、トラブルを被ったとしても当サイトおよび管理人は一切の責任を負うことはできません。